クラブセッティング24(2021年3月、パター)

クラブセッティング24(2021年3月、パター)

私が使用しているパターについて紹介したいと思います。

私のクラブセッティングは、重心距離が長くてミスヒットに強いクラブで統一していますが、パターもその流れになっています。

パターにはピン型とマレット型の2種類があるのですが、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打てるマレット型を使っています。

エースパターはPINGのスコッツデールTRパター セニータ(長さ調整機能付き)です。(ピン型の名前の由来になったPING社ですが、今はマレット型も販売しています)

パターは方向と距離感の2つの要素がありますが、距離感の方が大事と言われています。方向が少しくらいずれていても距離感がピッタリなら3パットしないためです。

そういう意味で、このパターはアドレスで方向を決めたら、距離だけに集中して引いて打つだけというシンプルさです。

このパターは長さ調整付きなので、付属のレンチで長さを調整しています。

私はアイアンと同様に短めが好きなので、32.5インチとしています。

ピンの「スコッツデールTRパター セニータ(長さ調整機能付き)」の良いところは以下の通りです。

・構えやすくて、引いて打つだけのシンプルな操作性

・フェース面がTR溝になっていて、芯を外しても転がる距離が一定

・長さ調整機能付きで31~38インチで調整できる

・長さ調整機能のためシャフトが2重になっていて重く、ヘッドも重いため安定する(総重量610g)

これをエースパターにしてから3パットはかなり減りました。

気持ちに余裕ができると良い結果に繋がってきますね。

  

もう1本、紹介したいと思います。

エースパターはピンですが、セカンドパターとしてオデッセイの「ホワイトスチール TRI-BALL SRTパター」を使っています。

このパターは、ドライバーよりも大きいヘッドで、究極のオートマチックに打てるパターです。

昔、宮里藍さんがオデッセイの2ボールパターを使っていて、今も人気が高いですが、これは3ボールで「2ボール」の約2.5倍の慣性モーメントと言われています。

ピン型を使っていて、「方向性が…」とか「引き方が…」とか「パンチが入って…」という悩みのある方は、是非使ってみてください。

このヘッドの大きさを見ただけで、悩みが吹き飛ぶと思います。

オデッセイの「ホワイトスチール TRI-BALL SRTパター」の良いところは以下の通りです。

・ヘッドが大きくて、安心感がすごい。

・引いて打つだけ。

・ボールの残像効果で練習ストロークが真っ直ぐかどうか分かりやすい

「ホワイトスチール TRI-BALL SRTパター」の欠点は以下の通りです。

・ヘッドが大きすぎて、カートのパター入れで邪魔になる

ホワイトスチール TRI-BALL SRTパター
created by Rinker

どちらも気に入っています。

Follow me!

PAGE TOP